最新記事一覧

共用部にも注意を

ビル

知っておくとよい着眼点

創業時は資金が少ないため、賃貸オフィスから始めるという会社が多いです。賃貸オフィスを探すときは、様々な点をチェックして比較する必要があります。まず基本となるのが立地です。都市部になればなるほど家賃が高くなるのは道理ですが、その分会社に信頼性が得られます。人はついつい会社の所在地やイメージで判断しがちなので、企業イメージをよくしたいというときは家賃負担をかけてでも都市部に進出するというのもありです。ですが、そこまで一般消費者との関わりがない企業であれば、社員の通勤しやすさや取引先との距離などを考慮して決めればよいでしょう。立地を確認するときは、実際に駅から歩いてみたり、周辺地域を見てみたりして雰囲気を確認しておくことが大事です。また、賃貸オフィスが入っているビルの雰囲気もしっかりチェックしなければなりません。取引先や顧客はいきなりオフィスに来るのではなく、入り口から共用部分を経て入ることになります。オフィスの中をいくらきれいにしても、入り口や共用部分が汚ければ台無しです。賃貸オフィス契約前に、共用部分の管理具合は必ず確認しておきましょう。トイレやエレベーターといった設備の確認も非常に重要です。初めて来社した人から見てどう見えるかをしっかり確認しておくとよいでしょう。来客からの視点だけでなく、空調設備の使いやすさやセキュリティー、コンビニや飲食店などの充実度など社員の働きやすさもチェックしておくとよいでしょう。