共用部にも注意を

ビル

賃貸オフィスを探すときは、まず立地を考える必要があります。企業イメージを重視するか、社員の通勤しやすさや取引先との距離を重視するかで選び方は変わります。また来客の印象をよくするには共用部分のチェックが重要です。社員の働きやすさも併せてチェックしておくとよいでしょう。

詳しく見る

オススメ記事

最新記事一覧

短期の営業展開におすすめ

オフィス

賃貸オフィスの利用は自社保有のオフィスを取得するよりも、短期的な営業活動においては初動が早く、動きやすいものになりますが、費用面などにおいては内容によってはコスト高になるケースもあるので行おうとしている営業計画をよく把握し、コストパフォーマンスのよいものを選びましょう。

詳しく見る

どのように借りるの

スーツの人達

事業を新しく始めるために賃貸オフィスを利用したいと考えている人もいるでしょう。ただ部屋を借りるのとは違い審査などもあり、予定通り事業を始めるためにも、事前確認や借りるまでの流れはよく確認しておくことが大切です。

詳しく見る

選ぶときには何が重要

オフィス

賃貸オフィス選びでは、良い不動産会社を選ぶ、自分に合ったオフィスとは何かを考えることが大切です。良い不動産会社を選ぶには、やはり複数の会社をまわる必要があります。自分に合ったオフィスを考えるときには、取引先とのアクセスが良い、仕事内容に合った環境などを考慮することが大切です。

詳しく見る

失敗しない方法とは

レディ

理想とする賃貸オフィスを見つけても、借りてから失敗だったと、すぐに移転をするケースもあります。このようなことが起こらないように、契約内容の確認、移転する際には今の問題点を把握する、施工後のチェックなどをしっかりとすることが大切です。

詳しく見る

オフィス賃料 

男女

賃料相場の調べ方

賃貸オフィスの賃料相場は、主に賃貸オフィスが所在する立地とオフィスビルのグレードによって決まります。当然、新築オフィスビルのようなクオリティが高い賃貸オフィスの賃料相場は、築年が経過したクオリティが低い賃貸オフィスより高いです。賃料水準は不動産オーナーが自由に設定できるため、ごく稀にオフィスのグレードに見合わない高い賃料が設定されている物件もありますが、あまりに割高な賃料を設定しても入居テナントが見つからないケースが殆どである為、基本的には不動産オーナーは似たような立地およびグレードのビルに併せて賃料設定をするのが普通です。但し、ごく稀に割高な賃料を設定している賃貸オフィスがあるのも事実ですので、オフィスを借りる場合には周辺のオフィスビルの賃料相場を良くチェックし、設定賃料の妥当性について検証する必要があります。この点、賃料比較において注意しなければならないのは、オフィススペースは物件によって広さが異なるため、賃料の絶対額で比較しても適正な比較が出来ないという点です。例えば賃料が同じ20万円でも、賃貸面積が10坪と20坪の案件では、賃貸面積が広い物件の方が割安となります。そのため、賃貸オフィスの賃料相場比較に際しては、賃料の絶対額を賃貸可能面積で割った一坪あたり単価をベースに比較すると適切な比較を行う事ができます。また、オフィスを借りる際にはベース賃料に加えて共益費もかかるので、共益費も加味した上で比較すると良いでしょう。